英姿颯爽

日々の気づきや、技術的なお話です。

【退職エントリ】3年勤めた会社を退職しました

最終出社日となった10/31
朝4時まで呑んで、ハロウィンのカオスな渋谷の中フラフラになり
たどり着いたネットカフェで思いたって指を滑らせています。


3年間と半年勤めた会社を退職しました。
眠らせていたブログを久しぶりに引きずり出し
記事を書こうと思います。

何をやってきたか

2016年4月に新卒として入社した会社で
事業売却を経験し、以降売却先企業で
ソーシャルゲーム運用の
サーバーサイドプログラマとして
従事してきました。


既存システムやイベントの改修に始まり
新規イベントの実装、ガチャ・スキルなどなど
ソーシャルゲームの運用部分は大方触ってきました。


言語としてはphpに始まり、HTML,CSSでのフロント描画
また、C#を用いての運用も経験しました。
javascriptは少しだけ)

どういう会社か

ゲーム運営に特化した会社
自社開発を行わず、他社からの買取やM&Aを繰り返し事業拡大をしていく
ソーシャルゲーム業界のセカンダリ事業という少し珍しい事業形態です。

なぜ辞めるの?

前置きが長くなりましたが
いよいよ本題です。
理由としては2点ほどありまして

①やりたい事と会社の形態があっていなかった

前述したように自社開発を行わないセカンダリ事業のため
何かを生み出すというよりも、どれだけ現状を維持し継続していくかという部分に特化しており
自分のやりたい事と合っていなかったためです。


f:id:kurischool:20151107000404j:plain
自分はくだらない事や利益に直結しにくいアイデアが好きです。
・イベントページに雪を降らせたり
・アイテムのフレーバーテキストにストーリー性をもたせたり

ただ、これらの発想は会社にとっては利益に繋がりにくく、意味の無いものに分類されます。
クリエイターにとっては、ワクワクする仕事かどうかが結構重要な軸だったりします。

②企画職への挑戦をしたかった

後述する予定ですが、技術職から心機一転
企画職として挑戦します。
元々新卒時代から技術職を経た上で企画職への挑戦を考えており
より一層その想いが強まったためです。

会社内で挑戦する道もありましたが
せっかくならネイティブの最新のゲームで
企画職へ挑戦したかったため、この決断をしました。

次はどうするの?

さきほど軽く触れましたが
技術職から企画職へ心機一転し
新しい挑戦をしていこうと思います!


2016年に出来たばかりの
新しめのゲーム会社で
新規企画に関わる予定です


ゲーム内にイースターエッグを仕込んだり
クリエイターとしてのエゴイストな部分を好き勝手発揮してこようと思います。

振り返ってみて

率直な話、転職決断はかなり勇気が要りました。
自分の積み上げてきた人間関係だったりを手放すので、怖くないわけがないと思います。
ただ、それでもしてみたい挑戦だったので振り返ってみていい決断をしたなと感じます。


周りの人から言われる言葉の内容もわかりますが、まずは根拠の無い
「楽しそう・ワクワクする」の直感で突っ込んでみていいかなと思います。


末尾になりますが
そんな根拠の無い直感を応援していただけると幸いです。



あ、11月中はリセット期間としてます!
呑み会、お昼ご飯、お仕事の誘いなんでもござれなので楽しそうなお話ください!!!